ランニング中の口のネバネバを改善

近年の健康志向により、若者から年配の方までランニングがブームです。

特別な道具も必要なく、お散歩感覚から手軽にはじめられるのが、ランニングの良いところです。

しかし、ランニングの時に気になるのが、口のネバネバした不快感です。

気持ちよく走り終わっても、口に残ったネバネバで嫌な気持ちになります。

今回はランニング中の口のネバネバへの対策方法をご紹介します。

ランニングの時はもちろん、口の不快感でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

口のネバネバの原因は、細菌の増殖

口の中のネバネバは、口の中の細菌が増殖することで起こります。

通常300~700種類の細菌が、人間の口の中にはいると言われています。

その細菌の数は、歯をよく磨く人でも1000~2000億個になります。

歯をあまり磨かない人では、3000~8000億個になり、4倍近くの多さになります。

通常口の中の細菌は、唾液によって流されています。

しかし、口の中が乾燥して、唾液が少なくなると、細菌は一気に増殖してしまいます。

実は、このような細菌は乾燥により、増殖します。

空気が乾燥する冬の時期には、空気中の細菌も増殖します。

風邪やインフルエンザが冬に流行するのも、空気中の細菌が増えるためです。

そして、口の中の細菌は増殖すると固まり、プラークになって歯に付着します。

唾液がこのプラークと混ざることにより、粘りっぽくなり、口の中がネバネバしてしまいます。

ランニング中の口の中の乾燥は、口呼吸と体の緊張が原因

ランニング中に口の中が乾燥する原因は、2つあります。

口呼吸

普段の生活では、人は鼻呼吸をしています。

しかし、運動中は多くの空気を必要とするため、口呼吸になってしまう方が多いそうです。

口呼吸をすると口が開いたままになるので、口の中は乾燥してしまいます。

しかし、ランニングには口呼吸よりも鼻呼吸の方が向いているそうです。

運動中に体が必要としているのは酸素です。

口呼吸では大量の空気を吸い込むことが出来ますが、酸素は鼻呼吸の方が多く取り込むことが出来るそうです。

また口呼吸では、空気中の細菌を体内に取り込んでしまう可能性もあります。

そして、口だけではなく、喉まで乾燥してしまいます。

喉の痛みや腫れも、喉の乾燥により引き起こります。

ランニング中は、なるべく鼻呼吸をするようにしてください。

体の緊張

緊張している時に、口や喉の渇きを感じたことがある方もいるかと思います。

実は、口の細菌を流してくれる唾液は、緊張やストレスが続いていると出にくくなります。

緊張により自律神経が乱れ、唾液の分泌がされにくくなってしまいます。

逆に、リラックスして副交感神経が活発に働いている時は、唾液は出やすくなります。

ランニング中、タイムやフォームを気にしていると、体が緊張してしまいます。

その体の緊張により、唾液の分泌が減少しているかもしれません。

ランニング中の口内のネバネバ対策法

では、口内のネバネバを予防するには、何をしたらいいのでしょうか。

口の中のネバネバ予防対策方法を3つ、ご紹介します。

鼻呼吸をする

口呼吸になりやすいランニング中も、鼻呼吸を意識してください。

鼻呼吸をすることにより、口の中の乾燥を防ぐことが出来ます。

また、鼻呼吸にすることで、酸素が体へ取り込みやすくなります。

ランニング等の運動中には、鼻呼吸は効率がよく、おすすめです。

しかし、意識するだけでは、なかなか鼻呼吸にすることは難しいです。

その際は、ノーズクリップなどを使用すると、鼻呼吸がしやすくなります。

水分を摂取する

乾燥を防ぐためには、こまめに水分を取ることが重要です。

人は、喉が渇いたと感じる時には、すでに軽い脱水状態になっています。

そのため、ランニングの時はあらかじめ、水分補給のタイミングを決めておきましょう。

喉が渇いた時に飲めばいいと思っていると、体はすでに乾燥しており、口の中の乾燥も防げません。

また、こまめに水分を取ることは、夏場の脱水症状対策にもなります。

意識して、しっかりと水分を補給するようにしてください。

プラーク予防の歯磨き粉を使う

普段の歯磨き粉を変えることも、口の中のネバネバ予防に役立ちます。

粘つく唾液の原因となる、プラークを予防する歯磨き粉があります。

どれも同じに見える歯磨き粉ですが、虫歯予防やホワイトニングなど、効果が少しずつ異なります。

現在使用している歯磨き粉の効果を確認し、自分に適した歯磨き粉に変えてみてください。

起床後の口のネバネバが気になる方にも、おすすめです。

また歯磨きすることで、口の中の細菌を減らし、細菌の増殖を防ぎます。

歯磨きをしっかりすることでも、ランニング中の口の中のネバネバを予防できます。

まとめ

いかがでしょうか。

今回はランニング中の口のネバネバの原因、対策についてご紹介しました。

すっきりと気持ちよくランニングをするためにも、ぜひ習慣にしてみてください。

簡単!自宅で出来る!気になる歯の黄ばみ対策